検索等で来られた方はここをクリック!
京都市左京区:
東山慈照寺(銀閣寺)、
京都市伏見区:
伏見港公園
今日は1人でお出かけ。
とっても身軽!
一昨日から風邪をひいて
しんどいのですが、身体が勝手に
お出かけしてしまいます(笑)
朝9時に家を出て、八坂神社の前を通り銀閣寺へ
修学旅行生がたくさんいました
土産物屋のある参道を歩き、銀閣寺に向かいます
銀閣寺入り口に到着
私の好きな風景まであと2秒(笑)
いいですね、この銀閣寺垣
久しぶりの銀閣です
プチ沙灘?
京都の庭園って感じです
国宝、銀閣です。一層(一階)が書院造り、二層が仏殿風になっています
派手さはないけど、いい造りです
北斗石って、この橋のこと?どういう意味だろう?
向月台(こうげつだい)。月夜に銀閣を照らす役割を担うと言われます
本堂の前にある銀沙灘(ぎんしゃだん)
中国の西湖を模したと言われる銀沙灘
人工的なものですが、何故か自然にとけ込んでいます
銀沙灘は月光を反射し、本殿内を明るくするために作られたという事です
洗月泉。この池の名前の由来は・・・
洗月泉に硬貨がたくさん投げ入れられていました。これじゃまるで洗金泉?
東求堂、これも国宝です
お茶の井に向かいます
お茶の井。この湧き水を足利義政が点茶に使ったと伝えられています
展望所からの銀閣
銀閣の二層目の窓は、花頭窓と言われます
坂を下ります
銀閣の所に出ました。庭園は特別名勝、特別史跡です
ここからの銀閣が一番いいかなぁ
裏から近くで見ると、銀閣!という風格はあまり感じません
銀閣の屋根の上にも伝説の鳥、鳳凰がいます
突然ですが・・・平等院鳳凰堂の鳳凰ですが・・・
銀閣寺を後にします
有名な哲学の道です。この上流に南禅寺があります
サクランボ、おいしいのかな?まだちっちゃいけど・・
京都の場所を説明する時に??上がるや下がるという言葉がよく使われますが、京都は北に行く程土地が高く、逆に南に行く程土地が低いので、北方向は上がる、南方向は下がると表現します。因みに左京区は地図上右にあり、右京区は左にあるのですが、これは京都御所(皇居:大内裏)からみての位置関係のなごりだそうです。左近の桜、右近の橘等も同じ理由で場所が逆になっています。
通称、銀閣寺ますたにラーメンと言われる「ますたに」へ
さて、どんな味だろう?
次は杉千代です
早速目の前にラーメンが現れました

もうお腹がパンパンです。こんな状態で3軒目のラーメンは無理!(オイオイまだ食べる気か?)腹ごなしに、1号線に出て伏見港へ
駐車スペースは200台。1時間以内300円。それ以後1時間ごとに100円加算
伏見港を流れる川は、濠川(ほりかわ)といいます
水門を通り宇治川に注ぎます
伏見港左岸
伏見港右岸。船を形どった休憩所があります
川の上を外環状線が横切ります
ちょっと上流を横切るのは、京阪本線です
この川の水源は、琵琶湖疎水によるものです
水門があります
十石船かぁ。乗りたかったけど、今日は営業外でした
堤防の方に水門がもう一つありました。行ってみよう
螺旋階段が・・・上ってみます
すごい!見晴らしがとってもいい。水門は展望台になっていました
伏見桃山城が近くに見えます
十石船の船着き場(下)と資料館です
水門から宇治川に水が注いでいます
宇治川の辺りからは、野鳥の囀りが絶え間なく、聞こえてきます
観月橋方面です
こちらは濠川のメインの水門から注ぐ水です

帰りに1号線沿いにある「しるそばたか」に行こうと思ったのですが、かなり疲れてしまいました。ということで「しるそばたか」は断念。あの店の塩ラーメンとパイタンラーメンがお気に入りなのですが・・・
家への帰りに、前からちょっと気になっていた、枚方市の野外活動センターへ

編集後記:私が1人でお出かけの時は、家から1円もお金が出ません。ガソリン代以外は全て私の小遣から出さなくてはなりません。なんか納得できないなぁ(笑)
HOME