京都府京都市伏見区葭島渡場島町:京都競馬場(淀競馬場)
かねてから遊びに来たかった京都競馬場へ。駐車料金2000円!びっくりしました!
今日は、さんちゃん生まれて初めての公営ギャンブル体験です!(ちなみに私はパチンコも1度しかした事がありません)。下調べせずに来てしまったのでちょっと不安(今日の写真は携帯電話の画像です)。この地が伏見区というのも驚きです。
建物がでかいです。また近代的でこういう建物、私は好きです。しかし、どうやって馬券を買うのかな。
時間が時間なので余裕を持って最終レースの馬券を買う事に。
施設は思ったより清潔感がありました。女性も結構居ましたし私の中の暗いイメージは払拭されました。
馬券を購入する為のマークシートが数種類あり、やっぱり買い方が分からないのでInforのおねえさんの説明を聞きながらマークシートを完成しましました。今回は単勝で買う事に。私は私のラッキーナンバーであるC。娘はA(コラコラ!)息子はG(コラコラ!!)嫁さんはK。
蛇足:AとGは私が馬券を買う時、近くにいた人(今回は、たまたま娘と息子)が口にした数字を参考にして買う事にしていたので、今回AとGを買う事になりました(爆)ほんとうにたまたまなんですよという事にしておきます(笑)。馬券は1口10円で10口単位で買う事が出来ます。なぜ1口100円じゃないの?と思いますが、払い戻し時の計算の関係でこうなっているようです。
競馬場では競馬新聞に赤エンで丸をする人がいっぱいいるのかと思っていましたが、私の勘違い?過去の事?
競馬場って思ったより広かったです。私は土日はどの競馬場でも馬が走っていると思っていたのですが、各競馬場を持ち回りで競馬が行われているという事を今回初めて知りました。今日は京都競馬場で馬が走るとの事なので運が良かったようです。ラッキー!
今回買った馬券です。競馬(パチンコも含む)は宝くじに比べ払い戻し率が高いのです。宝くじは払い戻し率が45パーセントなのに対し、競馬やパチンコは75〜80パーセント。これはイベントで収集した金額が1億円だとすると、競馬では7500万円位が勝った人達に分配されるのですが、宝くじでは4500万円程度です。従って宝くじは当たったら大きいけどそんなに儲からない?率の悪い賭け事?という事になります。ちなみにパチンコ屋はギャンブル店ではなく、遊戯施設なのです。要はゲームセンターという事になります。では何故ゲームでお金を稼ぐ事が出来るのでしょう。例えば私が普通のゲーセンでとった景品を買ってくれる店とかありますよね。人形とか机とか枕とか。そんな店がたまたまパチンコ屋の横にあってパチンコで得た物を買い取ってくれ現金化できるのでお金を儲ける事ができるのです。この2店は経営者が違えばたまたまという事で法律的に問題ありません。そして買い取り所は買い取った商品を決まった卸問屋に売り、パチンコ屋は決まった卸問屋から商品を買いパチンコ屋に商品を並べます。結果的には違法行為に思えますが、こ ういう仕組みでパチンコ店は合法営業しています。
レース結果はIが僅差で1着。2着がG。惜しい!!私が買ったCが1着なら帰りに明月館に行く予定だったのですが、穴狙いが外れ。今日は赤を叩いてしまいました。今回の損失をJRAへの貯金と考え次回は利子分も頂き!!。こういう考えが借金を膨らませるんですよね。競馬も「ご利用は計画的に」ですね(笑)
夕飯は焼き肉ではなく回転寿司に。かにフェアーが行われていて好きなカニを満喫しました。まあまあ満足できたのでまあいっか・・・・