大阪府藤井寺市、葛井寺界隈
嫁さんの実家は羽曳野市。買い物は隣の藤井寺市に良く行ったそうです。藤井寺のジャスコ(現イオン藤井寺店)に久しぶりに来たのですが、嫁さんは懐かしいを連発していました。私も嫁さんと付き合っていた時、この辺りを嫁さんとうろうろしたので、私も懐かしいと思いました。
今日は枚方の我が家から1時間弱で藤井寺のイオン藤井寺店に着き、羽曳野うどんを食べる為界隈をうろうろ。第二京阪道が開通する前、枚方の我が家から藤井寺まで走行距離的に無駄のない一般道を車で走り2時間から3時間もの時間がかかっていたのですが、第二京阪道を通れば通行料金がかかるものの半分以下の時間で藤井寺に着けます。なんだかワープ出来た気分です。
下調べした店の場所はうろ覚えなので、とりあえず商店街へ
商店街を抜け、小径を歩きます。嫁さんはこの辺りでも懐かしいを連発!
広い道路に出て店を探す事に。と、いきなり「かすうどん」の看板が。早速看板の矢印の方向に歩くことに。
ありました!かすうどんの店が。
かすうどんのかすは、この地域の郷土料理のようなもので天かすや油かすとは違い、牛の小腸を焼いて脂を抜いた後に残る小腸の事で、これを使用したうどん料理が、かすうどんです。かすはこの地域意外で手に入れることは不可能に近いのですが、京田辺のアルプラザの近くにあるスーパー山田屋で見かけたことがあります。
子供のうどん定食です。卵かけご飯が気に入って食べていました。子供用のうどんにもかすが入っていたのですが、少々脂っこいものでも食べる娘も、かすは食べられませんでした。
私のうどん。味的にも食感的にもまあまあかな。うどんもまあまあ普通。下調べしたした中では、藤井寺インターの所にあるかすうどん屋が評判がいいようです。かすは柔らかくてまあまあ美味しい。ただ、私にとってもちょっと脂っこかったです。
歩いて葛井寺へ。葛井寺のひらがな表記は「ふいでら」で「ふいでら」ではないそうです。
早速境内へ
ここには国宝の乾漆千手観音坐像が安置されています。
本堂
煙を頭にかけました(笑)
本堂の賽銭箱にお金を入れ、無病息災家内安全を祈りました。
鐘楼
南大門。境内の大きさに対し、山門はとても立派です。
息子は何故か突然鼻血を出しました(笑)。修行が足りん?
葛井寺(ふぢいでら)は西国三十三箇所第五番札所です。
大阪府羽曳野市軽里2−73−1、国道170号線横池向かいにある、地域で人気のケーキ屋さん、フラワー。その支店がイオン横にあったので行ってみました。
屋上は殺風景。昔、百貨店のように子供用の遊具があったような雰囲気です。嫁さんは何があったのか覚えていないとのこと。
今回は嫁さんが好きな写真のマダムヨーコを買いました。私は味的にはまあまあなのですが、ケーキ好きにはたまらないとのことです。