検索で来られた方はここをクリック!
京都市北区金閣寺町:
鹿苑寺(金閣寺)
京都市右京区花園妙心寺町:
臨済宗妙心寺派大本山
妙心寺
今日は金閣寺へ。天気は曇り

鹿苑寺(金閣寺)
梅雨時なので旅行者も少なく、ストレートで駐車場に入れました
今日は暑いです。現在の気温は33度、湿度は60%
いきなり汗が頬を伝います
カエデ(モミジ)の花?
庭園に向かいます
かき氷を食べる人も・・・・
総門へ向かいます
苔、私は結構好きです
秋の訪れを感じますね??
金閣寺境内のマップです
金閣寺には・・・・
先に歩きます
鐘楼。1回200円で鐘を突く事ができます
グッチの展示を見ようと思ったのですが・・・・
入山料を払うとこれが貰え、これが入山券となります
相変わらず外人さんが多いです
みなさん、これが金閣寺です(笑)
鏡湖池(きょうこち)と金閣
今日は曇りなので、あまり輝いていません
第一層(初層)は寝殿造りになっていて、派手さはありません
第二層は武家造りになっています
第三層は禅宗様の仏殿風になっています
これが金閣の展望スポットです
あの建物の中にはグッチが展示されているんでしょうね
見たかったなぁ
銀閣寺の銀閣は去年
中国の伝説の鳥、鳳凰
葉の感じから見て、カキツバタでしょうか
浄土を表現した庭園
初層を横から見た様子
鳳凰は顔が七面鳥っぽくて、ちょっと怖い
方丈と陸舟の松、樹齢600年
先に進みます
金閣後ろ側
後ろ側にもしかっり金箔が貼られています
お守り等が売られている売店
金閣寺垣。歩く事は出来ませんが
銀河泉。鯉が滝を上り、龍になるという中国の故事、登竜門
この岩(鯉魚石)は鯉に似ており、その登竜門の滝を彷彿とさせている
黒いお椀に小銭を入れるゲーム?結構人気がありました
アジアン以外の人も結構いました
金閣の背後、安民澤の池の小島にたたずむ多層石塔
修学旅行生達
夕佳亭(茶室)
茶店の休憩所
修学旅行生を除けば、日本人観光客は1割程度でした
不動堂
土産物屋が建ち並びます
京都名物の「おたべ」は私は苦手です
実質金閣寺拝観路の出口です
参道の売店です
参道を離れ、次のスポットに向かいます

妙心寺
日本に存在する臨済宗寺院の半分以上を抱える大本山妙心寺へ
境内のマップです
正門です。今日は思いつきで訪れました
勅使門
放生池(ほうじょういけ
重要文化財、山門
朱の色が赤すぎと思うのですが
一重裳階付き仏殿(手前)
法堂(右側)
大方丈
大方丈(写真中央)
灯籠の中央部にある8面部分には龍が彫刻されている
妙心寺庭園。今回はパスしました
祈祷とかしないのに、仏閣を行き来する渡り廊下を歩けるみたいです
こういうのは珍しいですね
なかなか立派な鐘楼です
寺には外周を一周できる巡回路があるようです
外周路みたいな参道を歩きます
飲み物の販売機は見あたりません
ぱっと見、怖そうですが、愛嬌があります
喉が渇いてきました
所々に小さな寺院みたいなのがあります
妙心寺北門を出て、ジュースの販売機で喉を潤します
再び境内へ、一般?の家があります。ここは境内?
この辺りにも、小さな寺院みたいなのがあります
この道は境内?それとも・・・
玉鳳院前にある蓮池
亀が数匹いました
妙心寺東林院へ。庭が素晴らしいらしいのですが・・・・
入り口横のアジサイは綺麗に咲いていました
次のスポットへ移動する事に
京都には観光寺が多い中、ちゃんとした本物の寺を感じさせてくれました

苔寺へ
下調べ無しで思いつきで苔寺に来たのですが・・・・
観光地に来たと感じさせてくれる店。近くには鈴虫寺もあります
苔寺の門は閉まっています。地元の方に話を聞きました
苔寺は事前の予約が必要という事でした
苔類が好きな私はショックを受けました(笑)
食堂の横にあったプチ庭園を見て、帰る事にしました
HOME