元旦に会社の同僚から来た年賀状を読んだ。

その中に”2月6日はラーメン行くぞ!”というメッセージ。

なにも年賀状に書かなくても・・と一瞬思ったのですが、よく考えてみれば、私は思いつきで突然旅行に出かける人なので、
彼の”この日は何があっても絶対旅行に出かけないでくれ”という強い意志の現れなのでしょう。
この人は、私の習性?をよく理解しているようです。

仕事中、その年賀状の差出人IKEが来て「2月6日大丈夫か?」と聞いてきた。
私は、「ほんまに行くんかえ」と、聞き正したら「もちろんやん」と答えた。
彼の欲求はやはり本物らしい(笑)

出発当日、AM10時に会社前に待ち合わせ。
IKE(イケ)と、クボチンが時間ちょうど位に現れた。

会社でラーメンツアー等のイベントをする時は、いつもこの3人+αです。

メンバー3人揃った所で、いざ出陣。!!
高速をひた走り、1時間位で和歌山に着いた。

最初のターゲットは、ラーメンチャンピオンを取った井出商店。
私は運転手、IKEは工程管理者、クボチンは地図を見ながらのナビゲーターと
いつものように分担を決め、ターゲットに向かう。

クボチンが、”その交差点を右折”と叫ぶ。

ウインカーを出して右折車線に入った所で、井出商店発見!!!
腹を空かせていた3人は何処へ車を止めようか考えたが、よく見れば店のシャッターは閉まっている。
営業時間を雑誌で確認したら午後3時からという事。

今は午前11時。
まだ4時間もある。
なんてこったい・・・・

しかし、このトラブルの原因が誰にあるか触れている時間は今はない。
腹を減らしている3人は早々、近くの美味しいラーメン屋を雑誌で探す。

車の中に、雑誌のページを急いでめくる音が響く。
見つけた!丸繁だ。車で5分以内にその店はある。
早速その方に向かう。

駐車場に着いて、店の前で暫く待つ。
今度は開店時間を確認済み。あと20分位で開店時間だ。
が、しかし、その店は中に人が居る気配がない。不安が募る。
開店10分前。店には何の変化もない。

3人顔を見合わせて、焦っている気持ちもありここを後にした。

雑誌をめくり、空腹をここまで我慢しのだからという事で原点に立ち返り
距離を除外し今度はその雑誌の総合評価満点の店に向かう。

30分走ってやっと楓屋というラーメン屋に着いた。

のれんが出ているという事は営業中。
やっとラーメンが食べられる。

店内に入り、チャーシュー麺と焼き豚を注文する。

遅い、なかなかラーメンが来ない。
空腹がそれを助長しているのかもしれない。が、しかし遅い。

そんな中、注文した焼き豚がラーメンより先に目の前に現れた。

しかし、ちょっとショック!!
焼き豚、値段の割に量が少ないではないか。
とりあえず食べてみると、まあまあ普通の焼き豚でした。

そのうちラーメンが目の前に運ばれてきた。
なかなか美味しそうなラーメンです。
表面にうっすら油膜が浮いています。

まずスープを飲んでみた。
うん、なかなかいける
思ったほど食べにくくない。

しかし、ラーメンの麺の量が少ない。
鉢は一瞬にして空になってしまった。
2件目に向かう


今度は○宮です。

本格的中華そばという事で、腹は膨らんでいないが期待に胸が膨らむ。
途中、和歌山城を発見!!。
結構立派なお城のようです。○宮のラーメンを食べてからここに寄る事にしました。

○宮に着いた。
店の前には3人ぐらい並んでいた。
5分ほどで店内に入れたが、店の中にも席を待つ人が・・・

左の方で、”パリッ”という音がした。
その音はまさしく卵が割れた音。視線をその方にやると
おじさんが、テーブルのバスケットに盛られたゆで卵を割って食べ始めていた。
ラーメン屋にゆで卵?。大阪ではこんな光景は見たことがない。

なかなか席が空かないと思っている間に、例の”パリッ”という音が又聞こえた。
おじさんに目をやると、なんと2つ目の卵の殻をむいていた。
一瞬、この店は卵が食べ放題かと喜んだが、テーブルの上に”1個100円”と書いてある。

席が空いた。
早速チャーシュー麺を注文する。

IKEがテーブル上の1個100円の”あせ巻寿司”に手を伸ばす。
中を開けたら奈良県の柿葉寿司みたいな物が出てきた。

早々ラーメンが来た。
正に中華そばである。透き通った醤油のスープがなにか
懐かしさを感じさせる。
そう言えば、昔はラーメンと言えばこういう感じだった。

一口食べてみた。これだ!、この味。懐かしい
ラーメンを半分ぐらい食べたところで、
横にスーツ姿の人が現れ「お勘定、卵3つ」と店員に言った。
もしやと思い顔を上げると、先ほどのおじさんだった。

ラーメンを食べ終え、近くのマリーナシティーに向かった

橋を越えマリーナシティーへ

なかなかお洒落な街です。

遊園地もあり、和歌山のディズニーランドという所でしょうか。
広い駐車場に車を止め、街をぶらついた。

黒潮市場があったので、とりあえず入ってみた。

カニのいい匂い。

ごっついタラバガニから湯気が出ていた。
美味しそう。買って帰りたかったのですが、
今月は小遣いが少なかったので、パス

後ろ髪を引かれながら、店を出た。














 今度は土産物を買うため、お洒落な街へ。

 なかなか凝った造りの店が並んでいます
 どの店も輸入雑貨を扱っていました。
紀三井寺

名前はよく聞くが、行ったことがなかったので行ってみた。
土産物屋の話によると、階段が200以上あるらしい。


途中何度も休憩して登頂成功!!

見晴らし最高!!

ひしゃくの水も美味しかった
               和歌山城

 この日は天気もよく、散策するには最適な日でした。

 結構歩いたので
 3件目のラーメンを食べる余裕が出てきました。(笑)
さあ、今回のメインターゲット、井出商店だ!!

アクセルを踏む足に力が入る。

あの角を曲がると井出商店という所まで来た。
さあ、左折だ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

な、なんじゃこれ!!

凄い行列だ。
あまりの人の列に圧倒されてブレーキを踏むのも忘れ、店を通り過ぎてしまった。
60人は並んでいたような感じだった。

こりゃ、2時間位並ばなくてはならないようだ。
大阪からわざわざこのラーメンを食べに来たのですが、どうしよう。
3人又々顔を見合わせて、残念だが結局諦めた。

仕方なく、近くの閉まっていた○繁へ直行。
店は開いていない・・・・・・・どうしたんだろう・・・・・

そんな時IKEが、井出商店に支店があるからそっちへ行こうと言い出した。
携帯電話で開店しているか確認し、地図を見ながらその方に直行。
そういえば、通は支店に行くというのを思い出した。

目の前が明るくなってきた。美味しいラーメンが食べられる。
私とIKEとクボチンに笑顔が戻った。そして思いを馳せて話し込んでいると
知らぬ間に曲がらなくてはならない所を通り過ぎていた。
又々紀三井寺まで来てしまった。

地図で進路を修正して、やっと井出商店の支店の○三中華そばに着いた。

早速チャーシュー麺を注文した。

すぐにラーメンが出てきてスープをすする。
うまい!!!!!

見た目は普通のラーメンなのですが、
これは美味しい!!

私には関係ないけど、ゆで卵も50円!

和歌山に来た甲斐あったと3人
頷きながら鉢をすすった。

あまりのスープの美味しさに、麺の味を
今は思い出せない。

今日は来て良かったと、和歌山を後にした。



       このコーナーの写真は、私のHPの”旅のスナップ写真”を抜粋しました。

                       旅行記に戻る